金属材料は歴史が古い!今もなお使われ続けている大切な資源

金属材料は歴史が古い!今もなお使われ続けている大切な資源

なぜ数ある金属材料の中で包丁には鉄が使用されているのか

金属を加工する

包丁と言えばセラミックの物を除けば基本的に全て鉄が材料として使用されています。その他の調理器具には鉄以外にもアルミニウムや銅といった素材が使用されているのにも関わらず、包丁だけは昔からずっと鉄が使用されているのは、どのような訳があるのでしょうか。そもそも鉄と言っても種類が色々とありまして、包丁で使用されるのは伝統的に鋼と呼ばれる金属材料か、現代で一般的に使用されることが多いステンレススチールという金属材料のどちらかです。鋼というのは鉄にごく少量の炭素を含む金属材料です。鉄は自然界にある鉄鉱石などをそのまま還元すると、銑鉄と呼ばれる状態になりますがこの状態ではもろく叩いたりすると割れてしまいます。その銑鉄から炭素を取り除くと強靭さが増すのですが、これを鋼と言います。現在ではこれに他の金属を混ぜた物も鋼という呼び方をします。ステンレススチールも鉄の合金で、鉄にクロムを混ぜたものです。またこの場合鉄は基本的に鋼となります。いずれにしても鉄は他の金属に比べて薄く成型しても割れたり曲がったりしない硬さを持ち、それでいてある程度力が加わった場合いは曲がって衝撃を吸収する事が出来るので、薄く成型する必要がある刃物には最適です。また鉄は他の金属に比べて圧倒的に産出量が多く安価である事も理由です。

POST LIST